導入事例


SHIBUYA109 - DISP!!!

 エンタテイメントポップアップストア「DISP!!!(ディスプ)」とは、エンタテイメントとファッションの融合をテーマに、ショッピングをユニークな経験にするエンタメ専用ポップアッ プストアです。店舗構築やプロモーションの負担を軽減するため、販売代行サービスや店舗の内装、レジ・ストックス ペース・映像・音響機器などハード・インフラ面での整備を始め、イベント支援や来店が難しい全国のファンに向 けて109公式通販サイトでの販売など、SHIBUYA109がさまざまなサポート体制を完備した空間になります。


SHIBUYA109 8Fにオープンしたポップアップストア「DISP!!!」。4面マルチディスプレイとディスプレ2台がLinkRay対応しております。

4面マルチディスプレイにLinkRayアプリを起動したスマートフォンをかざすと、限定動画サイトへつながります。

2台のディスプレイにLinkRayアプリを起動したスマートフォンをかざすと、限定動画サイトへつながります。

東急電鉄 - 武蔵小杉駅

 スマートフォン向け「東急線アプリ」とLinkRayアプリとの連携機能により、東急東横線・目黒線武蔵小杉駅において、 駅をご利用のお客様向けに周辺スポットへの道案内をLinkRayで実現。 「東急線アプリ」のメニュー画面から「武蔵小杉駅LinkRay案内」を起動し、 武蔵小杉駅構内の「LinkRay」アイコンがついた案内サインや情報発信スペース「こすぎアイ」の大型ビジョン上部のライトバーから発信される光を読み取ると、 商業施設など、駅周辺の目的地までの地図や、現在位置からの方向などを「東急線アプリ」内で表示します。


LinkRay対応天吊内照式案内サインを活用した道案内

LinkRay対応スポットライト(間接照明式)を活用した道案内

マルチディスプレイとLinkRay対応ライトバーの組み合わせによる道案内


  • ※本件のお問い合わせは、こちらまで